車まめ知識

お車のメンテナンス編

日常のちょっとした疑問から、今さら人には聞きづらい・・・そんな情報を集めてみました。毎日のカーライフにお役立てください。

タイヤをの空気圧が減るとどうなる?

タイヤの持つ性能を十分に発揮し、また安全に運転するためには、タイヤの空気圧が適正であることが重要です。

タイヤの空気圧が減るとどうなる?

タイヤの空気圧が適正でないと、燃費の低下 / 乗り心地が悪くなる / 異常摩耗 / タイヤの損傷や故障などの症状を招くこともあります。タイヤの空気圧は自然に低下していきます。運転前には「目で見て確認」することが大切です。
また運転中に「ハンドルが取られる」「カーブが曲がりにくい」「カーブが曲がりやすい」など、いつもと違った感じをうけたら注意するようにしましょう。
さらに、ご面倒でも快適で安全なドライブのために、月に1度の空気圧点検をオススメいたします。お気軽に株式会社ホンダ四輪販売北・東北にご相談ください。

タイヤローテーションって何?

一定の期間や、走行距離でタイヤの位置を変えることをいいます。

タイヤローテーションって?

タイヤは前輪、後輪とも消耗の度合が違います。タイヤローテーションとは偏摩耗やタイヤを長持ちさせるために、前後のタイヤを入れかえることをいいます。目安は走行距離5,000kmごとと言われています。
「そろそろかな?」「よく分からないけど・・・」という方は、お気軽にお近くの株式会社ホンダ四輪販売北・東北のお店までご相談下さい。

タイヤ交換の目安は?

雨の日など濡れた路面で、ブレーキ性能等に大きく影響するのがタイヤの残り溝です。安全に運転するためにも、適切な時期にタイヤを交換する必要があります。

タイヤの残り溝って、どうやって計るの?

カー用品店などで扱っている「タイヤ溝測定ゲージ」を使用すれば、簡単に計れます。また、タイヤ交換時期の目安は「10円玉」や「100円玉」を使っても確認できます。
新品のタイヤでは、溝の深さは約9~11mm程度のものが多くなっています。タイヤの使用限界は、残り溝1.6mm(ウェアインジケーター部分にスリップサインが出た状態)ですが、溝が半分以下(約4mm以下)になった頃から濡れた路面での運転に影響が出てきやすくなります。スリップサインが出てからではなく、出る前にタイヤを交換することをおすすめします。

燃費よく走行するには?

無駄な空ぶかしをしない、頻繁に加速・減速をしない・・・など運転技術の中で注意すべき点はたくさんあります。
しかし、運転テクニックとは関係の無い部分ですが、「余分な荷物を積まない」という基本的なことも大切です。

余分な荷物を積まない

車重が増えると発進・加速性能、ブレーキ性能、燃費、ハンドリング等、全てに悪い影響を与えます。最近の車は、コンパクトでも多くの荷物を乗せることができます。そのため、夏でも冬のスキー用品、反対に冬でもキャンプ用品、年中積みっぱなしのゴルフ用品・・・という車も多いようです。約10kg(ゴルフバック1個分程度)を下ろして50km走ると、おおよそ15ccのガソリンを節約できます。たった15cc・・・と思うかもしれませんが、年間にすると結構な量になるのです。

横風に注意しましょう

トンネルを抜けたところや橋の上などでは、突然吹きつけてきた強い横風にハンドルを取られそうになることがあります。

横風に注意しましょう

トンネルを抜けたところや橋の上などでは、突然吹きつけてきた強い横風にハンドルを取られそうになって、ヒヤリとすることがあります。特に車の側面の面積が広いワゴン車などは、風の影響を強く受ける場合があります。その時に慌てて急ハンドルを切ると危険です。速度を落とし、ハンドルをしっかり握って慎重に走りましょう。
高速道路などで横風の発生しやすい場所には、吹き流しが立っています。真横になびいているときは風速10m以上の風が吹いているので、あらかじめ速度を落として余裕を持った運転を心がけましょう。

ボディー表面の花粉に注意しましょう

花粉発生の多い2~5月は水洗いの回数を増やすと効果的です。

ボディー表面の花粉に注意

ボディー表面に付着した「花粉」の成分は、雨や夜露等の水分により塗装面に影響を及ぼし、シミが付いてしまう場合があります。これは花粉発生の多い2月~5月に多く発生します。この時期には水洗い回数を増やすと、シミ防止に効果的です。
また、花粉がボディーに付着してもシミが付く前の状態であれば、80℃程度のお湯をかけてクロスでやさしく拭き取ると除去することが出来ます。
※お湯による火傷には十分にご注意ください。

エアコンは控えめに

真夏のエアコンはエンジンに負荷をかけがちです。

エアコンは控えめに

エアコンは冷媒を循環するために、コンプレッサーをエンジンで駆動しており、エンジンに大きな負荷が発生します。それを補うため燃料消費が多くなってしまいます。夏場の日差しによる車内温度は50度にもなると言われています。車内温度が高いときは、窓を開けて熱気を逃がしてからエアコンをかけることで、効率よくエアコンを効かせることができます。
また、エアコンを6分間停止するとガソリン70ccの節約、二酸化炭素は1340g削減(3時間/月)にもなります。

エンジンオイルはいつごろ交換すればいい?

エンジンオイルはエンジン内部の潤滑と摩耗防止、冷却、気密、清掃、腐食防止などの働きをしています。
といってもオイルの量が適正で汚れもなく、油圧も正常でなければこの働きは期待できません。そこでオイルの点検が必要となります。
オイルの点検そのものは決して難しくありません。エンジン本体に差し込まれているオイルレベルゲージの「L」と「H」の間にオイルの液面跡があればOKです。
エンジンオイルを交換する時期は、半年又は走行距離にして約5,000km(ターボ車は3ヶ月又は3,000km)が目安です。
なお、オイルが規定量入っていても油圧低下を警告するオイルランプが点灯する場合は、エンジンに重大なトラブルが発生する可能性がありますので、早めに整備工場などで見てもらうようにしてください。

夏場のオーバーヒート~冷却水をチェック~

車のエンジンは常に高温状態で動いているから夏場はオーバーヒートには注意しましょう。
オーバーヒートとは適正な冷却水の水温を超えて熱くなった状態のこと。走行中に水温計の針がHゾーンに入ったり、アクセルを踏み込んでもパワーが出なかったり、エンジンルームから蒸気が立ち上ったりしたら、オーバーヒート発生!原因はほとんどが冷却水の不足や詰まりです。
万が一のことを考えて日頃から冷却水のチェックを忘れずに!

燃料タンクの中に水?~水抜き剤とは~

燃料タンクには、タンク内の空気が外気との温度差で「結露」を起こし、1年間に約5~10ccもの水が自然にたまってしまいます。
放っておくと燃料タンクやパイプがサビて、そのサビが燃料に混入し、燃料系統を痛めたり、性能の低下を招く事もあります。
そこで水抜き剤の登場です。水抜き剤の主成分はメチルアルコールです。水はアルコールに溶けます(容易に混ざります)、そしてアルコールはガソリンと容易に混ざります。
ですので、アルコールを混ぜたガソリン(水と混ざらない)は、水と混ざる性質があります。ガソリンタンクの水は少量ですから、ガソリンと混ざってしまって、エンジンの中で蒸発して排気に混ざって排出されます。

ウインドウウオッシャー液~用途と種類~

★一般ウオッシャー液:普通のウオッシャー液
★解氷ウオッシャー液:霜や氷を解凍する冬期専門のウオッシャー液。不凍ウオッシャー液もあります。
★油膜取りウオッシャー液:ウインドウに付着したワックス汚れや排気ガスのばい煙、道路の汚れなどの油膜を落とします。
★撥水ウオッシャー液:撥水加工したウインドウ専用のウオッシャー液です。撥水加工を痛めません。

TOP